1. HOME
  2. CSR活動の紹介
  3. 取り組み事例
  4. 古河電池株式会社 今市事業所

取り組み事例

古河電池株式会社 今市事業所

CSRに対するコンセプト

1.「私たちは挑戦者である」。長年にわたり培ってきた技術力を核とし、絶え間ない革新により、真に豊かで持続可能な社会の実現に貢献。
2.(1)常に高い倫理観を持ち、公正、誠実に実行する。(2)あらゆる業務において革新、改革、改善に挑戦する。(3)現場・現物・現実を直視し、ものごとの本質を捉える。をはじめとする5つの行動指針。
3.法律と企業倫理の遵守を徹底し、ステークホルダー全体の利益を尊重する経営を目指します。

CSR活動情報

当事業所では、学生や子どもたちの工場見学を積極的に受け入れています。
昨年は、栃木県立那須清峰高等学校から「進路意識と職業意識の高揚を目的とした総合学習の一環としての職場見学」の要請を受け、工場見学していただきました。
栃木県内の工業高校では、バッテリーを使ったソーラーカーやソーラーバイシクルの製作実習を行っており、当社からは教材用のバッテリーを提供しています。次世代のエネルギー活用を担う学生や子どもたちへ、蓄電池メーカーとしてお手伝いできることも、地域にある工場の使命であると考え、支援を継続して実施しています。
また、今市特別支援学校の高等部の生徒さんからも同様の目的で見学していただき、就労希望の生徒さんの職業実習の受け入れを行っています。生徒さんの能力、適正に応じた職域の開発を行い、希望に応じて学校卒業後に社員として採用するなど、障がい者の雇用拡大に努めています。
各種のスポーツ協賛事業としては、日光アイスバックスや栃木SCへの協賛も行い、地域スポーツの進行に貢献しています。

古河電池株式会社 今市事業所
古河電池株式会社 今市事業所

その他のCSR活動

【地球環境に貢献する取り組み】
当社は自然豊かな素晴らしい環境の中に生産拠点が立地しています。環境関連法規制及び栃木県・日光市との協定などの遵守はもとより、以下の項目を重点に環境保全活動を推進しています。
1.地球温暖化のための省エネルギー
2.資源の有効利用と環境負荷軽減のための廃棄物の削減及び再資源化推進
3.環境保護のため、主原料である鉛・硫酸・苛性ソーダの効率的使用とリサイクルによる省資源化推進
4.環境負荷を低減するため、環境汚染物質使用量を低減した製品の開発
※詳細は、以下の「古河電池レポート2014」を参照してください。
http://www.furukawadenchi.co.jp/csr/report.htm

PR等メッセージ

昭和25年創業以来、新しいエネルギーのかたちを求めて限りない挑戦を繰り返してきました。その結晶であるFBバッテリーは、より複雑化・巨大化が進んだ現代社会においても、情報、交通、産業、環境といった多様な分野を支える力強いエネルギー源として活躍しています。さらに高度化、多様化していくニーズに応え、最新鋭の技術力で新時代にマッチするハイクオリティーなエネルギーを送り届けています。

企業名 古河電池株式会社 今市事業所
地域 今市エリア
業種 製造業
代表者職・氏名 所長 石橋 達也
所在地 栃木県日光市荊沢597
電話番号 0288-22-3111
ホームページ http://www.furukawadenchi.co.jp/
  • 日光市