1. HOME
  2. CSR活動の紹介
  3. 取り組み事例
  4. 株式会社金谷ホテルベーカリー

取り組み事例

株式会社金谷ホテルベーカリー

CSRに対するコンセプト

「ブランド力を持ち社会的責任を果たせる企業」を理想的な企業像とする弊社では、利益の有無に左右されない自らのために投資活動として社会貢献活動を捉え、障がい者福祉に重点をおいた活動を行っています。中小企業である弊社は、資源の「人・物・金」のあらゆる面において脆弱であり、ステークホルダーに対して十分任務を果たしている状況にはありませんが、いつの日かそう在りたいというこの理想を目指して歩んでいます。

CSR活動情報

【NPO法人ふれ愛の森(栃木県日光市)に対する社会貢献活動】
販売店を日光市内の幹線道路沿いに開店し、支援員、ボランティアがメンバー(所属する精神障がい者)とともに「金谷ホテルベーカリー」から卸したパン・クッキー直売、宅配、出張販売を行っています。将来は、焼成部門を持つ製造販売の体制を視野に入れています。
当事者、施設、地域社会におけるパン製造販売のメリットとしては、
〜障がい者にとっては〜
1.行程が長く職務が多岐にわたり、利用者の程度の差により職務・作業があること。
2.成型の出来る利用者には、創造の喜びが味わえること。
3.販売・接客では、お客様との会話もでき、人の輪が広がること。
4.販売活動が家族、利用者の共通の目標になり生きがいとなること。
5.外販をかねて、晴・雨天にかかわらず室外に出られ、障がい者の気分転換が図れること。
〜施設にとっては〜
1.他の作業に比較して利益率が高いこと。
2.作業指導のカリキュラムとして、清潔で業務が多岐にわたること。
〜地域社会にとっては〜
1.お店での販売・宅配業務を通して、障がい者と地域社会が自然に交わることにより、の^マライぜーションが確実に進められること。
※詳しくは、以下のページ「金谷ホテルベーカリー(CSRと社会貢献)」を参照してください。
http://www.kanayahotelbakery.co.jp/csr/index.html

株式会社金谷ホテルベーカリー
株式会社金谷ホテルベーカリー

その他のCSR活動

【社会福祉法人むくどり(東京都板橋区)2002年設立】
社会福祉法人むくどりでは、自前でパン工房、喫茶イクスト、外販専門会社を有しています。ベテランのパン職人、営業マン、支援員、ボランティアが中心となり利用者(所属する知的障がい者)の更生を図っています。この活動を通じ地域との交流を図りながら、「イクスト」ブランドで商品を拡販しています。現在、弊社より冷凍生地の供給を受け、指導を受けながらイクストで焼成し、製造販売しています。将来的には一部を除き、仕込から一貫生産を計画しています。

PR等メッセージ

「社会福祉法人むくどり」の収益事業を含めた取り組みの一つとして、企業と施設のジョイントするためにパンの製造販売をスタートさせました。当初は、CSRの概念も一般的ではありませんでしたが、先例も少なく暗中模索で今日に至っています。パン事業については、もう一歩のところまで来ていますが、できればそれ以外の事業もCSRのもとに行っていければと願っています。

企業名 株式会社金谷ホテルベーカリー
地域 今市エリア
業種 製造業
代表者職・氏名 代表取締役社長 申橋 弘之
所在地 栃木県日光市土沢992-1
電話番号 02288-21-1275
ホームページ http://www.kanayahotelbakery.co.jp/
  • 日光市